返済遅延してしまった!対処する方法

カードローンの返済日をうっかり忘れてしまい大慌てした経験がある人も少なくありません。
延滞するとカードが使えなくなったり取立てが来たりするかも…そんな不安が頭をよぎります。
でも悪意ある延滞を繰り返さない限り、実際にはさほど心配をする必要はありません。
返済が遅れても誠意ある態度を見せることで、最悪の状態を招かずに済みます。

では具体的にはどのように対処法があるのでしょうか。
まず今月の返済日までにはどうしてもお金を用意できそうにないという状況のときには、まずなるべく早い時点で電話連絡を入れましょう。
カードローン会社の担当者に正直に事情を話して相談すれば、大抵は返済日の延期というかたちで対応してもらえます。

また返済日を過ぎてから気付いたときも同様です。気がついた時点でできるだけすみやかに連絡を入れてください。
カードローンは信用を第一に融資を行う金融商品ですから、支払い遅れはこの信用を大きく失いかねません。
このように自分から延滞の事実を知らせることで、その信用がゼロになってしまう事態を避けることができます。

また先延ばししてもらった新たな支払い期日には、間違いなく返済を行えるよう引き続き努力が必要です。
延ばした返済日も守れないようだと、信用度は格段に下がりますので注意が必要です。
ではもし返済遅れに気付いたにもかかわらず放置しておくとどうなるのでしょうか。
大抵の場合は本人あてに延滞を知らせるハガキや電話連絡が入ります。
その時点ですみやかに延滞料を含めて返済を行えば問題ありませんが、電話に出なかったり支払いを怠ったままにしておくと、督促状が来たり勤務先にまで電話がかかってくる可能性もあります。
延滞の事実は個人信用情報に記録され、長期延滞や度重なる延滞によりブラックリストに名前が残ってしまいます。
これらの記録は数年間消えることはありませんので、その間新たなローンの審査通過は難しいものになります。

このページの先頭へ