融資額が足りなくなった時にできること

新規申込するときというのは、なかなか希望どおりの利用限度額を獲得することは難しいものです。
よほど年収や返済能力の面で高い信用度が認められない限り、審査で満額どおりの限度額をもらえる確率は決して大きくはありません。
カードローンは担保や保証人を必要としないかわりに、利用者本人の信頼性を何よりも重視します。
信頼のおけない人にお金を貸しても貸し倒れのリスクが大きくなるばかりですから、審査の段階ではその人の信頼性を慎重に見極めます。

年収をはじめとする諸条件を考え合わせて今後の返済に支障がない程度の経済力があるのかをチェックします。
また個人信用情報を照会することで、過去から現在に至るまでの金融事故の有無およびその内容、他社からの借り入れについてのデータなどを精査します。

このような過程を経て借入限度額が決まるので、当然年収が極端に低い人や今後スムーズな返済が困難と思われる人は融資不可という回答になることがほとんどです。
審査ではブラックリスト入りしている人だけでなく、いわゆるホワイトと呼ばれる人たちも審査に不利になることがあります。
これはこれまでに一度もカードローンなどの金融商品の利用がない人のことで、信用度が見極めにくいことが理由です。
事故履歴が一切ないかわりに、利用履歴もゼロなので返済能力や信頼性が未知数であり、審査における評価が低くなってしまうわけです。

では逆に「きちんと返している」という事実が確認できれば、利用者の評価は上がりやすくなります。
そこである程度の利用実績を重ねていく中で、融資限度額の増額を検討してみるのもおすすめの方法です。
何度も利用する上にきちんと返済できる人は、貸す側にとっては多くの利息を生み出してくれる優良顧客となります。
なので少なくとも半年ほどは借り入れと返済を繰り返して利用実績を作り、タイミングを見て増額申請を行うと良いです。
申請は電話やインターネットで簡単に手続きが可能です。

このページの先頭へ